#写真 #音楽 #映画 #生活 #北海道 #子育て

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

音楽

76.果ての向こう側

過去の写真から。 ここはお気に入りの場所だ。寂しい所だ。常に風が泣いていて、突き刺すような痛みを感じるような風が吹いている。 ゴミが散乱して汚れていて、なにか特別な場所とは言えないが、最果ての地というのはこんな場所だろうなと思わせる場所だ。 …

75.帰り道のメロディー

子供と八雲町のパノラマパークへ。広い土地に贅沢に滑り台やアスレチックコースがあったりして、子供は夢中で遊ぶ。 カメラは持っていけない。写真に夢中になりすぎてしまうw。おまけにカメラをぶら下げてるとちょうど子供の頭に当たる位置にあり、以前に子…

72.my bloody valentine

マイブラの曲を聴きながら撮影した。ヘッドフォンから轟音で、脳がどうにかなってしまうくらいの大音量で。今の若い人はどうなんだろうか?このバンドを聴いても、あんまりピンとこないのかな。 再結成してフジロックでやった時は、友人達と最前列で観た。も…

71.矢印の方向へ

止まれ。止まれだってよ。なんだかよく見ると寂しい言葉だな。 今まで気づかなかったよ。 この前、書店でボアダムスのeyeさんが表紙の音楽雑誌を見つけた。基本的にeyeさんが載っている雑誌は買う。音楽メインでバンド、DJにアートと活躍は多岐に渡り、海外…

70.虫の鳴き声

最初のファーストショットで、今日は海でイカ釣り漁船の明かりがキツイからなかなか思うような写真が撮れないと思った。そして霧が出てきたので、これは話にならないかとも思ったが、なんとなく外に出た以上、何枚か写真を撮りたいと思い、待つことにした。 …

68.目を閉じて

ここ一週間、両目が真っ赤になってしまい、なかなか物がうまく見れない。 外の作業をしていても、例えば機械の運転をしても、ぼやけて見えるので反応が少し遅れてしまうので、イライラしてしまう。 うまくもっと見えるはずなのに。 データフォルダの写真を見…

67.フジロック

深夜の0時に作業終えて擦り切れた意識を少し立ち上げ10分間ほど写真を撮った。もっと綺麗に咲いている時に撮りたかったけど、空模様が美しくなかった。 作業中はフジロックのYouTubeをラジオ代わりにして聴いていた。 二回目のフジロックから行ってました。…

66.フランクオーシャン blonde

https://www.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_kClWWfWghQXro7ONQ-DfH3RZ1oxiu0kMA 今日は大好きなアーティスト、フランクオーシャンについて書いてみたいと思う。 日本での知名度はどうなんだろうか?やっぱり知らない人の方が多いと思うけど、特に服や音…

64.子育て

子供が2人いる。男の子だ。 ある日、ロックバンドのtoolというバンドのpneumaという曲をかけていた。あまりうるさい音楽は家では聞かないようにしていたのだが、向こうの部屋に子供達がいたので、少しだけ大きな音でかけていた。 やがて子供達はドタドタと走…

60.木陰の下で

さくらんぼ狩りに仁木町の村田果樹園に行ってきました。さくらんぼ狩り最終日であり、ブルーベリー狩りの初日だった。とても暑い日でした。 仁木町までの日本海岸線は、とても美しい光景が続きます。最も好きなドライブコースです。是非、この日本海岸線は皆…

59.toe.

月曜に牧草の収穫作業が終わった。なかなか晴れが続かず、霧の合間を見ての牧草作業はなかなか困難を極めた。 4月から草はのびはじめて、ちょうど頃合いに草を刈る。だいたい350個できた。 これからまた草はのびるが、春からの勢いはなく、およそ120個くらい…

57.深く沈んでいく事

明日で牧草作業は終わる。と言っても、他の家の作業も頼まれているので、終わるわけではないが。 外に出て真夜中の写真を撮った。久々に天の川が出ていた。遠くで牛がこちらを見ていた。お前達の食べる草を明日は真夜中までやるんだ。少しぐらい褒めてくれよ…

53.朝焼け

こちらは昨年の6月に撮影した写真だ。bulbモードで朝日が昇る前に撮影したものだが、どのくらいの明るさで撮影すればいいか、勘が頼りな部分があってかなり難儀だった。 bulbモードの使い方として主に星空の写真を撮る時に使う。 明るくなってはbulbモードは…

52.思考だけは遠くへ。

ひたすら駆けづりまわる。人生の歩き方が下手くそな人間は朝から晩までふらふらになりながら歩きまわる。 まだ倒れる事は許されない。 カマシワシントンのユニバースなジャズを聴き、マイルスデイビスのビッチズブリューのアルバムを聴いてぶっ飛んで、ゼロ…

50.ヨハンヨハンソンへ

大雨が止み、外に出てみると、天の川が見えた。今年初めてくっきり見える天の川。 写真を撮る前に、ヨハンヨハンソンの曲をかけた。このおよそ15分の曲が終わるまでに。 https://youtu.be/og9QtUJZ8iI 現在の庭。 5月26日の庭。 4月15日の栗の木。 現在の栗…

49.朝の歩み

カミさんが長男の保育園に連れて行ってる時に、次男坊と一緒に散歩した。セミの声が、止まないノイズのように響き、さまざまな鳥の鳴き声がそのノイズの中を軽やかに歌う。 風を感じて、一歳の子供が歩いていく様を眺めた。 犬を追いかけ、犬は迷惑そうに逃…

48.向こう側へ

なかなか昨日は大変な1日だった。今日の天気がいきなり雨マークになったので、急遽牧草をする事になった。牧草とは牛に食べさせる草で、草を丸く収穫する機械で作業をする。 整備士にしっかり整備してもらったけど、肝心なトラクターから引っ張るコンセント…

43.Dear April

風に花々が揺れる。 それによってうまくカメラの焦点が合わないのはわかっていた。 けれどフランクオーシャンの曲を聞いていたら、なんだかうまく撮れなくてもいいから、残したかった。 プリンスの曲にsometimes it snows in Aprilという素晴らしい曲がある…

42.夜をむかえて

日常の上を歩く。いつもの風景が続く。 夕方、子供達と遊ぶ。桜が撮れないなら、ささやかに花壇の所で写真撮影。スーパーマリオにハマっている息子は、いつもこの衣装だ。 夜になり、少しの時間写真を撮った。そういえばはっきり見える天の川はまだ撮れてい…

36.今日の朝

昨日という一日。実によく遊んだ。この時期に農家やってると気兼ねなく外で遊ばせられる環境がありがたい。 穏やかな夜に、20分ほど撮影してまわった。湿気が降りてきた。 nils frahmのピアノが透き通って心の奥底まで響きわたり、寒かったが心地良くて。周…

34.時を越えて

去年の五稜郭公園の桜の撮影。とにかく函館の道中、1時間半くらいなのに、この時は三時間くらいかかって行って大変でした。 函館の五稜郭公園の夜桜は見たことないので一度撮影したいと思っていました。 率直な話、桜の撮影は楽しくないw。いや、桜の撮影は…

33.水の音

下の子を寝かせる時に、必ずかける音楽がある。 よくビニール袋がこすれる音を聞かせると、赤ん坊は落ち着くというが、なるほど泣いてる時にこすると確かに泣き止む時がある。 あのビニール袋がこすれる音は大人にとっては耳障りなだけだが、そのこすれる音…

28.遠い地から遥か彼方へ。

夜の21時に仕事を終える。広大な牧草地に種植えをひたすらした。食べ物を口にねじ込み、子供の笑顔を見ることも叶わず、太陽の下で這いつくばる。 せめて写真を撮るだけでも。BULBモードでスタートレイルの写真を。キャンプ用の椅子に座り、ヨハンヨハンソ…

26.14日/火曜

昨日の夜の写真だ。ボーダーラインという映画の暗黒面から抜け出してw、カメラを撮りに行く。バッテリーは切れて、画面は暗いまま。新しいバッテリーに変えて撮った写真を見た。 ボチボチかな。 星空をしばらく見上げて、世の流れる時間と、自分の生きている…

25.13日/月曜

つい先ほど撮った写真。少し風が吹き、少し完全に晴れた空とは言い切れない夜空だった。 現在、スタートレイルの写真を撮っている。撮っている間、ボーダーラインという映画を見ている。 大好きな映画だ。ロジャーディーキンスが撮影監督として携わっている…

24.12日/日曜

穏やかな天気だったが、気温はそんなに高くなかった。いや、風が冷たかった。 買い出しにいって、帰りに街の公園で少し遊んだ。 しばらく公園で遊んでいなかったので4歳の息子ははしゃいだ。 帰りにブラッククロウズの曲がとても印象に残り、久々に聞いて少…

23.今日という日

夕方の16時くらいに雪が降り始める。風があってブレてしまう。 枯れたアジサイ。 雪。 夜の15分間。 最後の写真は風に揺れて、うまく写真を撮らせてくれなかった。 だが、それが1番気に入った写真だった。

21,新型ウイルスについて思うこと

前回の続きです。前回は地球や動物史から人類を見て歴史を語ってみました。 これを書くにあたり、言いたい事は少しでもマイナス思考をなくせれば、という事で書きたいと思います。 感染病が蔓延して経済危機になってるけど、人類史はとても良い方向に向かっ…

20.新型ウイルスについて思うこと

緊急事態宣言が出ました。かなりひっ迫した状態になりました。北海道はまだ小康状態と言えばいいのかな。 でも本州、特に東京から来たりしてコロナウイルス感染が蔓延して北海道で医療崩壊すると、今度は東京、本州に逆輸入する事になります。ウイルスは変異…

19.冬の名残り

今日は土壌診断の土をとりに山を歩いた。土壌診断とは土の栄養分析みたいなもので、栄養がかたよっていると、牛の食べる牧草がうまく育たなかったりする。歩きながら、あれだけ雪があったのにな、と思う。 そんな事を毎年思うわけだが。 驚いたのだけど、雪…