#写真 #音楽 #映画 #生活 #北海道 #子育て

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

13.キハに乗って pt.2

 

f:id:spiralout:20200321204246j:image

 

 

列車が停車動き出して、再び自動ドアの方へ。

赤井川駅

 

 

f:id:spiralout:20200321204341j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204346j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204349j:image

 

 

 

 

 

相変わらず見えぬ、駒ケ岳。

 

 

f:id:spiralout:20200321204438j:image

 

f:id:spiralout:20200321204510j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204515j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204518j:image

 

 

大沼という場所は文字通り大きな沼と書くが、まぁ、湖だw。

 

 

 

f:id:spiralout:20200321204624j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204632j:image

 

 
f:id:spiralout:20200321204629j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204635j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204627j:image

 

 

 

もう湖畔は雪におおわれていて、その姿は見ない。白鳥もいない。

次の春、あるいは初冬にかけて、どこから写真を撮るべきか。

 

ここはというポイントはあった。だがどこも生活圏の邪魔になるか、行くのが困難な場所ばかりだった。

いつもの誰もが撮れる場所しかないのか。

ガタンゴトンと、揺れる。

 

 

f:id:spiralout:20200321204832j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200321204839j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200321204828j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204835j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20200321204947j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204940j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321204937j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200321204943j:image

 

 

 

新函館北斗駅に着き階段を登ろうとするが、森駅で見たあの光のシルエットはなかった。

階段を登り、改札口を出る。

 

 

 

f:id:spiralout:20200321205028j:image

 

 

 

 

光は遠かった。

 

f:id:spiralout:20200321205131j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205128j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205140j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200321205134j:image

 

 

 

f:id:spiralout:20200321205220j:image

 

 

 

日陰の冷たい空気、ベンチに腰掛けてキハを待つ。

ロジャージェンキンスだったら、どう撮るだろう。

また景色が動き出した。

 

 

f:id:spiralout:20200321205409j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205405j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205350j:image 

 

 


f:id:spiralout:20200321205401j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205358j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205354j:image

 

 

 

リズム良く写真を撮っていた。だが朝の五時に起きて仕事をする自分にとって、ガタンゴトンと揺れる列車のリズムは、疲労を和らげるには充分な心地よさだった。

気づいたら寝ていて、起きた時には森駅近くだった。

 

f:id:spiralout:20200321205523j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205528j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205531j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205535j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205539j:image

 

 

 

森駅に着いて、カラーをつける。

 

 

f:id:spiralout:20200321205707j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205702j:image

 

 


f:id:spiralout:20200321205711j:image

 

 

 

 

向こうへ行って、向こうから帰ってきた。小さじ一杯程度の旅は出口へ。

 

 

f:id:spiralout:20200321205807j:image

 

 

太陽はてっぺん近くまで上がり、光のシルエットは壁まで移動していた。

それが嬉しかった。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20200321205841j:image

 

 

額縁の中には何も描かれてはいなかった。しかしその絵はフワリと暖かく、まぶしくない程度に輝いていた。

 

 

 

f:id:spiralout:20200321205926j:image