写真、自然、音楽、科学、が趣味

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

122.眩しい光景

f:id:spiralout:20210219154624j:image

 

 

列車が通り過ぎて行き、5分後には函館からの特急が札幌に向かって走っていく。

 

 

急いで丘を降りて、違う場所へと移動した。

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154631j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154621j:image

 

 

 

 

なんとか間に合った、と急ぎ足で線路を渡るとカンカンと遮断機が降りた。あー、と思いながら除雪によってできた雪の山の上に駆け上がる。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154644j:image

 

 

 

 

 

丘の上から写真を通った際に見つけたこの場所だったので、こういう構図になるのだろうな、と考えていたけど、やはり慌てた。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154640j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154616j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154635j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154612j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154627j:image

 

 

 

 

 

 

 

撮りながら、あちゃー自分の車置いてんのが邪魔だという事に気がついた。もう笑うしかない。

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210219160710j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160703j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160652j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210220223201j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210220223208j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210220223205j:image

 

 

 

 

 

列車が通り過ぎて、周辺をカメラで撮った。1キロくらい車で走ったところで廃屋を見つけた。

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160657j:image

 

 

 

海はすぐそこで、ここで暮らすというのは季節問わず大変だったろうと思った。勿論誰もいない。座られた椅子がなんともいえない雰囲気が出ていた。

苦労は山ほどしただろう。

 



 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160714j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160719j:image

 

 

 

雪の下で埋もれた残骸。そこで暮らした温もりと歴史。それもまた北海道という歴史の1ページだ。

海に向かって歩き写真を撮ろうと思った。いくつかの写真を撮って、帰りがけに廃屋の近くを通ると、陽の光が雪に反射して眩しく見えた。

 

もう誰もいない。しかしそこに確かに人はいて、泣き笑いを繰り返していた。ファインダーをのぞき、その間光景は眩しいままに、シャッターを切った。