写真、自然、音楽、科学、が趣味

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

126.星空と朝日と  写真

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210304212026j:image

 

 

 

夜に外を出ると、星空が見えた。出かけたのでフラフラだったが、星空を見るのは二ヶ月ぶりだったので、カメラを持ち出した。

 

 

 


f:id:spiralout:20210304212023j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210304212419j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210304212415j:image

 

 

マイナス10°。急いで服を着て長靴をはいて外に出たが、あまりに薄手すぎた笑。雪原を歩くと一気に足の爪先が冷たく痛くなってきた。

 

 


f:id:spiralout:20210304212410j:image

 

 

 

 

9月には真東にオリオンが夜空を登っているのを見て、冬が到来するのを意識したが、同じ時間帯でもう西の空に暮れようとしている。

 

もう少しでオリオン座ともお別れだ。雲が出てきた。10分も撮影したろうか。また晴れた夜空を見たい。

 

 


f:id:spiralout:20210304212426j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210304212406j:image

 

 

 

朝、仕事をしがてら外を覗く。氷柱が太陽の光を浴びて、蛍光灯のように淡く輝いていた。

 

当たり前のことだけど、昨日から今日へ、続いているのを意識する。

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210304212746j:image

 

 

 

 

 



 

 

four tet のringerという曲をかける。メロディーが螺旋状に駆け登り、時間軸も螺旋状であることを想像する。星の動きを見ながら季節を意識し、半年前とは違う位置から昇る太陽を見て、過ぎ去った日々を少しだけ振り返る。

 

自然の中に生きてる限り、それは変わらず意識するだろう。

 

曲の終盤でドラムが炸裂する。この静けさの中でも、その一瞬、一瞬は劇的の繰り返しだ。

 

 

 

f:id:spiralout:20210307153642j:image

 

氷柱から一滴、しずくが落ちた。

 

 

 

https://open.spotify.com/track/4wu10nFS3vY7IXHOUPpoZA?si=YLByvBU6SYyrJrkqDGZlvA

 

 

https://youtu.be/NXzQpujFcFw

 

 

 

125.氷の世界 写真

f:id:spiralout:20210228225202j:image

 

 

暖かくなってきて、雪が溶けて氷柱になる。まだ冬の途中だが、すこしずつ春の風が吹いてきた。届かぬ南の地方では桜も咲いたという。この北国との落差は大きいが、それでもすこし春を感じるようになってきた。

 

 

氷柱をスコップで事あるごとに崩しておいた方がいいのだけど、暖かさが続くと、氷柱自体も溶け始めるのでそのままにしておいた。こうやって写真も撮れるし、こういう景色は見た事がない人の方が多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225215j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225241j:image

 

 

朝の光に照らされて氷柱が眩しく、ちょっとした照明になり、外の景色が違った風景に見える。

この雪や氷は、春になれば全て水か雲や風になり、俺の前から消えていく。

 

雪という姿も、風や雲も、あるいは水も本当の姿であり、本当の姿ではない。

 

人間という存在はどうか。さまざまな臓器や肉、骨で作られた複合体だ。一つ一つ解きほぐすと、何も残らなくなる。どれも本当であり、どれも本当の姿ではない。

 

氷柱の隙間から差し込んでくる陽の光を見ながら、少し漂った。

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225248j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225227j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225221j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228225207j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210301230903j:image

 

 

見事な逆氷柱を見つけた。水滴が一滴一滴、重なりそれぞれが自立していた。これから朝日を浴びる事になる。そうすると、積み重ねてきた事が、瞬く間に崩れていき消えてゆく。

 

 

その時に陽の光の強さを感じる。

 

一つ一つが、水滴のように身体の中に落ちてゆく。確かに積み重ねてきてるつもりなのだが、実感はない。

 

スマホが鳴り、人間社会に戻る。もう少し生きやすい筈なのだが、どうしたらいいのか、いまだにわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

125.影の花   写真

f:id:spiralout:20210228224737j:image

 

 

23時くらいに、満月が見たくて外に出た。静寂が外を支配していて雪の上を歩きたくなった。

 

30分だけ。

 

 

周辺を歩く。月の光で雪面は輝き、木の影は色濃く雪原に映し出される。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224811j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224807j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224728j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224725j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224802j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210228224748j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224708j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224758j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224716j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224720j:image

 

 

 

 

歩く。影を求めて。歩く。

 

 

雪は音を吸収する。音がない感覚というのは、不思議なものだ。耳の奥でキーンという音が鳴る。

視界も開けた場所だけど、音がないというだけでかなり違った感覚を覚えるだろう。自分の存在そのものが周りと一体化した感覚になり、考える事ができなくなる。

 

お気に入りのkelly lee owensをスマホから鳴らした。冷やりとしたエレクトロニカサウンドがとても心地よかった。

 

 

https://open.spotify.com/album/7z6fUAxSNYLKEkxrcPcfZx?si=FY1XUnwqRg-3UmLPTyHL1g

 

 

https://youtu.be/mLd6k1Pb5Oc

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224700j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224754j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224704j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224742j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224856j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224912j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224901j:image

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224925j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210228224908j:image

 

 

結局、ケリーのアルバムを一枚聞くまで歩き続け、写真を撮っていた。最後の8という曲がかかった時に、魔法は解けた。この曲で終わらせた方が良い。

 

たとえこれから先、良い写真が撮れる可能性はあったとしても、この曲が終わる頃に家に辿り着いた方が良い。幻想的な曲が響き渡る。

 

自分の影を見た。カメラをむけてその自分の影を撮ろうとしたが、それはやめた。変わりに自分の歩いた足跡の写真を撮った。ケリーの曲が、歩いてきた軌跡を称えているように聞こえてきた。

 

 

月と正反対の方向を歩き、家に入った。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210301222859j:image

 

 

 

https://youtu.be/_4GvpNakBAM

 

 

 

https://open.spotify.com/track/3LndyfZgit3AjhUmwCWvNX?si=eHMWTlnET7WsCgfk3q8_0g

 

 

 

 

124.砂浜にて

 

 

 

f:id:spiralout:20210223222128j:image

 

 

 

ここは北海道は静内町の砂浜だ。ここいら界隈は良い写真が撮れる。

 

かつここではヒラメもよく釣れる場所だ。そんなに大きなのは釣れないけど、手堅く釣れる場所だ。

 

 


f:id:spiralout:20210223222333j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222124j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222150j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222329j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222145j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222325j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222133j:image

 

 

穏やかな波の音が響き渡り、喧騒から解き放たれ気分だ。

不思議とここに来ると、とても落ち着く。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222345j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222437j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222321j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222141j:image

 

 

 

向こうにある電柱に向かって歩いてみたくなった。どんな写真が撮れるのか、なんとなく良い写真が撮れそうな気がした。それになぜあんな所に電柱が立てているのか知りたくなった。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222337j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222349j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222137j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222342j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210223222155j:image

 

 

ほんの30分くらいだったけど、充分だった。楽しい時間はあっという間に過ぎていった。雪の上を歩きながら、響いてくる波の音を聞いた。

そうか、この波の音だ、と思った。

ここの海の波は、砂浜に穏やかに滑りこんでくる。だからとても心地よいのだ。音も波の音だけで、さらに景色も砂浜のみで、何もない。視界も開けて向こうまで見渡せて、日の光が海面に広がっているのがとても美しく見える。

 

 

原風景。

 

 

今年はヒラメを釣りに来たい。朝焼けの光を浴びながら、眩しい海を眺めたい。

 

 

 

f:id:spiralout:20210228223105j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

123. 子育て   写真

 

 

f:id:spiralout:20210221224640j:image

 

 

 

 

久々に晴れた1日でした。朝の5時半から仕事して、9時に家に帰ると、子供達は玄関に来て帰って来たことを歓迎してくれる。だが実際は俺を歓迎してるのではなくて、外に行って遊びたいのだ。

 

 

よしきた、とそのまま外に連れ出した。朝食を食べてないからお腹が空いていたけど、子供を午前中にヘトヘトにさせるのと空腹である事では、子供を外で遊ばせてヘトヘトにさせる事の方がとても大事だ。

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224524j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224838j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224519j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224541j:image

 

 

 

雪壁にできた氷柱を食べようとする。冷たくて病みつきになる。

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224730j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224529j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224847j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224616j:image

 

かまくらの中でみかんをあげるのは定番だ。子供達は無言でムシャムシャ食べる。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224828j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224842j:image

 

 

 

 

 




f:id:spiralout:20210221224550j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224603j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224559j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210221224533j:image

 

 

 

 

雪原を走り回り、転げまわり、泣き、笑い、クタクタになって夜を迎える。

スターウォーズが大好きな長男は300円で買ったマスクをライトの上にかぶせて満足そうに眠りにつく。

 

 

子育ては時に朝食にありつけないくらい、大変だ。自分の時間も持てないし、こうやってブログも途切れ途切れになってしまう。一つの事に執着が出来ない。

 

だが人生において執着は1番いらないものかもしれない。ふと思ったりする。明日もスターウォーズのテーマ曲でこの子供達は1日を始めるのだろう。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210223160103j:image

 

 

 

 

明日も晴れると良いのだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

122.眩しい光景

f:id:spiralout:20210219154624j:image

 

 

列車が通り過ぎて行き、5分後には函館からの特急が札幌に向かって走っていく。

 

 

急いで丘を降りて、違う場所へと移動した。

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154631j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154621j:image

 

 

 

 

なんとか間に合った、と急ぎ足で線路を渡るとカンカンと遮断機が降りた。あー、と思いながら除雪によってできた雪の山の上に駆け上がる。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154644j:image

 

 

 

 

 

丘の上から写真を通った際に見つけたこの場所だったので、こういう構図になるのだろうな、と考えていたけど、やはり慌てた。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154640j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154616j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154635j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154612j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219154627j:image

 

 

 

 

 

 

 

撮りながら、あちゃー自分の車置いてんのが邪魔だという事に気がついた。もう笑うしかない。

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210219160710j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160703j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160652j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210220223201j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210220223208j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210220223205j:image

 

 

 

 

 

列車が通り過ぎて、周辺をカメラで撮った。1キロくらい車で走ったところで廃屋を見つけた。

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160657j:image

 

 

 

海はすぐそこで、ここで暮らすというのは季節問わず大変だったろうと思った。勿論誰もいない。座られた椅子がなんともいえない雰囲気が出ていた。

苦労は山ほどしただろう。

 



 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160714j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210219160719j:image

 

 

 

雪の下で埋もれた残骸。そこで暮らした温もりと歴史。それもまた北海道という歴史の1ページだ。

海に向かって歩き写真を撮ろうと思った。いくつかの写真を撮って、帰りがけに廃屋の近くを通ると、陽の光が雪に反射して眩しく見えた。

 

もう誰もいない。しかしそこに確かに人はいて、泣き笑いを繰り返していた。ファインダーをのぞき、その間光景は眩しいままに、シャッターを切った。

 

 

 

 

 

120.鉄道写真 函館本線 写真

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210214150144j:image

 

 

こちらは函館本線は八雲町山崎駅から見て長万部方面に車で1キロくらいの所から写真を撮った。

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150121j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150150j:image

 

 

 

 

車をスペースのあるT字路に置いて、小高い丘を登ります。列車が来る前に確認。

fujifilmカメラ xpro2  

レンズはfujinon xf16mmf1.4でどうやって撮ろうか構図を考えつつ、列車を待った。

 

国道を走る車が上を覗き見ながら、俺を見ながら走っていく。

あいつはあんな所で一体何をやってんだ?そんな顔をしながら。そりゃそうだ。不審者以外の何者でもない。そんな不審者は、久々に好天の空を見ながら気分が良かった。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150340j:image

 

 

道路と雪、線路と海。そして空。サンドイッチのようにして写真を撮る。列車が来た。

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210216221121j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210216221118j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210216221124j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210216221113j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150116j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150156j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150109j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150139j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150125j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150129j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214150133j:image

 

 

やはり鉄道写真よりも、こういう風景の中にある列車を撮るのが好きだ、という事が再確認できた。前回アップした場所は鉄道写真を撮る人ならば有名な場所だ。カメラ雑誌のカレンダーにもなったくらいの場所だ。だからよくあそこで写真を撮ってる人は多い。

 

だが、そこだけではない。夕暮れや朝日の時間帯なら尚のことだ。

しばらくして特急が来た。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210217213750j:image


 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210217213924j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210217213927j:image

 

 

 

f:id:spiralout:20210214205908j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214205605j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214205634j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214205623j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214205620j:image

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 


f:id:spiralout:20210214205554j:image

 

 

 

 

 

 

 

その間、1分もあったろうか。ここから走り去っていく列車を見るのはとても良いものだ。海の音が穏やかに鳴り響いて、リラックスして撮れた。だが、次の場所に移動しないといけなかった。もう一本函館から札幌に向かって走っていく列車が五分後にくる。撮った写真を確認することなく、急ぎ足で丘を駆け降りる。

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210214210050j:image

 

 

久々に写真を撮ってる気分だった。鉄道写真は難しい。どうやら俺しか知らない場所で、こうやって撮れるというのは良いものだ。不審者はほくそ笑みながら、次の場所に向かった。

 

 

 

 

海の波の音がとても心地良かった。