#写真 #音楽 #映画 #生活 #北海道

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

44.山の恵み

f:id:spiralout:20200520105134j:image

 

 

ちょっと前の写真。

 

息子はマリオにハマっている、、。そしてメルカリでマリオの衣装が1000円以下で売られてたらしく、もう毎日着ているw。

 

ちなみに4歳だけどゲームはやらせていません。

 

 

今日は牛の放牧を一緒に行った。

 

 


f:id:spiralout:20200520105140j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105212j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20200520110319j:image

 

 

ちなみに冬はこんな感じ。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520110311j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520110326j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520110316j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520110323j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105201j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105153j:image

 

 

不思議なんですがね、妻がたまたま道路を歩いていたら、ドヤドヤと集まってきて騒ぐんです。その3日後に子供ができたということがわかり、その子供がマリオなんですねw。本当にあの時は不思議だったな。

 


f:id:spiralout:20200520105144j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105130j:image 

 

 

こちらはタラの木の芽です。通称、タラの芽。

 

断言してもいい。天ぷらで最高な食材はタラの芽です。食べるとクリーミーな味わいがして、ほのかに木の匂いもしてとにかく美味しい。

 

f:id:spiralout:20200520111312j:image

 

こちらがタラの芽です。山一つ所有してますから、沢山あります。ただ沢山採らないようにしてますが。

 

 


f:id:spiralout:20200520105216j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105207j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200520105149j:image

 

こちらはウド。葉っぱは天ぷらでカリカリにして食べて茎は酢味噌であえて食べます。春の山菜料理の代名詞ですね。

 

 


f:id:spiralout:20200520105157j:image

 

冬の寒さを越えた山の植物の力強さは、本当に心身にエネルギーが充填されるような気分になります。

昔は毎日この天ぷらばかり食べさせられたから嫌だったけど、今はどれだけありがたいか。

 

さて、他にも山菜をとりに行ったのですが、先に来訪者がいました。

 

f:id:spiralout:20200523133150j:image

 

 

熊です。これは子供を連れて行った時ではないです。子供を連れて行く時は熊が出ないコースを歩きます。

 

4月にアイヌネギを取りに行った時なのですが、その時に。実は東野幸治さんの幻ラジオというYouTubeで聴きながら行ったんですが、たまたまNHKで熊を叱る漁師の番組の感想を喋っていたんですね。それを聞き終わって、仕事終わりに行ったら、あらま。

 

小さい子熊を連れたメスグマでした。小高い丘から見つけて、こりゃ山菜採りはダメだなと諦めました。あちらも俺に気づきましたが、俺の事は知っているのでそんなに怖がる事もなくそそくさと沢の中に入っていきました。

お互い知っているので、なんつーか、3分後その場所を通って撮影したのがこれですw。

 

f:id:spiralout:20200523134002j:image

 

次は熊について書いてみようかな。

 

 

 

 

 

43.Dear April

 

 

f:id:spiralout:20200518225136j:image

 

 

 

風に花々が揺れる。

それによってうまくカメラの焦点が合わないのはわかっていた。

けれどフランクオーシャンの曲を聞いていたら、なんだかうまく撮れなくてもいいから、残したかった。

 

 

f:id:spiralout:20200518231016j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200518231023j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200518231027j:image

 

 

 

 



 

 

プリンスの曲にsometimes it snows in Aprilという素晴らしい曲がある。そして2016年の4月にプリンスは召された。

このdear  Aprilはおそらく失恋とプリンスの事を想い、書いた曲なのだろう。故に儚く、美しい。

 

この曲を聴くと少し潰れそうになる。

 

フランクオーシャンは歌う。

 

俺たちに新しさをもたらしてくれたように。

 

俺たちを連れ出してくれたように。

 

そしてこの目を覚まさせてくれたように。

 

俺たちの持つものは、もうあの頃と一緒じゃない。

 

けど君なら何か新しいものを生み出せるはず。

 

それは君をきっと連れ出してくれるはずだから。

 

君になら2人の人間を連れ出してくれるはずだから。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20200520103645j:image

 

 

 

親愛なる April、この人混みの中で唯一知っている顔。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520103642j:image

 

 

よく見ると、花に水滴がついていた。

手をのばして水の冷たさを感じ、手に馴染ませた。

 

 

 

 

色のない世界を選択して、シャッターを押した。

 

https://youtu.be/pvU4b4N1-QU

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200520104450j:image

42.夜をむかえて

 

 

 

f:id:spiralout:20200515202838j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202833j:image

 

日常の上を歩く。いつもの風景が続く。

 


f:id:spiralout:20200515202820j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202859j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202824j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202907j:image

 

 

夕方、子供達と遊ぶ。桜が撮れないなら、ささやかに花壇の所で写真撮影。スーパーマリオにハマっている息子は、いつもこの衣装だ。

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202846j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202852j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202841j:image

 

 

夜になり、少しの時間写真を撮った。そういえばはっきり見える天の川はまだ撮れていない。この日も少し曇っていて星景写真を撮るにはそんなに良い条件ではなかった。だがやはり星空を見るのは心地よく、写真を撮り始めた。

 


f:id:spiralout:20200515202903j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200515202828j:image

 

 

 

一日中遊びまくった息子は、布団に入って五分もたたずに寝てしまった。

あれだけはしゃいでいたのだから、無理はない。

ふと写真を撮りながら子供の寝顔を思い出した。

 

深い眠りに落ちた息子は、おそらく明日の朝日を浴びるまで起きる事はないだろう。

まだ芽が出てない木を撮りながら、明日も天気が良ければ良いなと思った。

 

 

朝日を感じながら起きて、日常の上を歩いて行く。

天気が良いというのは、その第一歩だ。

 

 

 

f:id:spiralout:20200515225906j:image

 

 

 

 

 

 

 

41.日常の風景

f:id:spiralout:20200513223917j:image

 

 

ドシーンとした戦艦的な感じ。

風を感じてる、最高齢。


f:id:spiralout:20200513223928j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223912j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223956j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223948j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223945j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223921j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223941j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223909j:image

 

向こう側へと吸い込まれていくように歩いて行く。

始まりを探しに、あるいは終わりに向かって、青い空と緑の地の間を、ゆっくりと。

風だけが大きく音をたてて、なにかを話しかけて過ぎ去っていくような錯覚を覚えた。

 

絵でマルを描くとただの円だ。だが3次元で描くとそれは円球になる。その立体的な世界では生活を営んでいるのだが、それが5次元以上になると時間という概念はなくなり、未来も過去も現在も同じにやってくる。いや、同じというのは正しくないか。なんと言えばいいのか。

 

もし、未来の人類が何かしらの形でこの世界に入り込む事ができたのなら、それは身体を捨てているのだろう。そして精神だけが風に乗って駆け抜けていくのではないか。

 

攻殻機動隊草薙素子のように。

 

止まらぬ想像力と共にしばらく牛といて、やがて10分くらいうたた寝をした。


f:id:spiralout:20200513223933j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223952j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223937j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200513223924j:image

 

 

帰ってくると去年までは牛連れてく時には一緒について来た犬が寝転んでいた。もはやついていくのが面倒なのだろう。ちょっと笑いながら撫でて一言二言話しかけて、家に入った。

 

 

 

 

40.星空と花と

f:id:spiralout:20200512223811j:image

 

去年の5月12日に撮った写真達。

 

 

ごめんなさい、全然思い出せないw、結構良い写真だと思ったけど、なんか忘れたなーw。そうか。撮ってたか。

 


f:id:spiralout:20200512223832j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223846j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223850j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223817j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223841j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223828j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20200512224257j:image

 

 

こちらは2年前の5月12日。これは憶えてるw。もちろん。この階段を一生懸命登ってる姿が愛おしくて。

 

 


f:id:spiralout:20200512224246j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512224241j:image

 

やっぱり家族で桜の下で撮る写真は良いです。今年は撮れないのかな、、

 


f:id:spiralout:20200512224302j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200512224252j:image

 

こちらは三年前の5月10日の写真。なんか無理矢理行ったんだよな。そんでやっぱり行って良かったみたいな会話したの憶えてる。そらこういう写真撮れたらそう思いますね。ベストショットです。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200512223836j:image

 

花が宇宙に向かって交信してるように見える。夜空の下で花を撮ると時々そんな事を思います。

 

色々あるけど乗り越えてまた写真で瞬間を切り取りたい。

それが生きがいでもある。

 

とか言って忘れてしまったらどうしようもないなw。いやー、まいった。

こちらからは以上でーす。

39.誤解です。

誤解ですよ。

 

検察庁法改正案。あれは延期ではなくて延ばしてるだけです。皆さん誤解しています。延ばしてるだけなんです。熱くなりすぎですよ。

 

熱でたらどうするんですか。ちなみに37.5度以上出ても4日目まで自宅にいろって言ったけど、言ってません。皆さん誤解してるんです。

ちなみに37.5度以上の熱を出しても、安倍政権は病院に行くよう募集してますけど、集めていません。

 

誤解しないでください。お願いしますよ、まったく。

 

 

f:id:spiralout:20200511225304j:image

 

 

 

 

 

38.原風景

f:id:spiralout:20200511213207j:image

 

 

 

 

午前中、雷鳴が轟き15分くらい停電になった。これは牛を外に出すのは無理かなと思った。

しかし午後から雨はあがり、外に出す事に決めた。牛舎に俺が行くと、すぐさま牛達は早く外に出せ、とわめいた。

 

 

 


f:id:spiralout:20200511213204j:image

 

 

 

f:id:spiralout:20200511213518j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200511213545j:image

 

雨はかなり降ったみたいだ。

 


f:id:spiralout:20200511213532j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20200511213539j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20200511213524j:image

 

 

この牛は8産している。かなり高齢だが、俺がしばらく見ていると必ず寄ってきてくれる。長い付き合いだ。

 

 


f:id:spiralout:20200511213515j:image

 

 

いまだ風は冷たく、

草は思うように伸びてはいない。が、牛は心地よく風を浴びて草をほおばる。

俺が生まれる前からの景色が、今年も始まった。

 

春を意識した。