写真、自然、音楽、科学、が趣味

yellow sun,blue moon

音楽、写真、日常を切り取る感じで。

120.鉄道写真  写真

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210214210606j:image

 

 

1月6日、14日と鉄道写真をアップしました。どちらも鉄道写真としては、力不足を露呈したな、実力ないなと痛感した次第でした笑。

 

今回は特急を写そうと、函館本線は八雲の落部おとしべ高速インターから函館に向かって国道を1分走ったところのパーキングの場所から。

 

実際にはパーキングエリアからちょっと歩きますが。

 


f:id:spiralout:20210214210537j:image

 

完全にレンズの選択を間違いました笑。富士フイルムのレンズfujinon 35mmf2を使いました。しばらく使ってなかったので、どうしても使いたかった。ま、何度も撮りに来れるから、今回はこれで行こうと思ったんですね。しかし直線のレーンで特急北斗が突っ込んで来た時に、これは間違いだ!と直感しました。

 

 


f:id:spiralout:20210214210549j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210602j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210532j:image

 

このカーブのところはいいんだけど、直線の写真はないですね。また撮り直しです。

 

 

そして今回あらためて思ったのは、特急北斗は撮っていて面白くねー笑。

なんかキハと違ってドラマがないんだよな。フツーにカッコいいし、自然の中を走るには場違いというかな。

 

キハは、普通列車はゆっくりとのらりくらり走っていきやはりこの車体、デザインがマジで良い。存在自体がドラマがあって、撮っていて気分が乗ってくるのだけど、この特急列車っていうのは、どうも違う。

 

 

かつての寝台列車ならホントに良かったのですけど。

 

f:id:spiralout:20210214211010j:image

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210214211001j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210951j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214211005j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210955j:image

 

 

やっぱりドラマあるでしょ?キハには。特急は撮っていて何にも面白くない笑。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210524j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210554j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210528j:image

 

 

挙句にこれは橋から身を乗り出して撮ってみたけど、体勢を崩してうまく撮れませんでした。

 

 


f:id:spiralout:20210214210520j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210558j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210541j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210214210545j:image

 

まぁ、それでもやっぱり貴重なんだろうなと思います。雪の上を走る列車というのは。

 

 

今回でつくづくわかったのは、鉄道写真であっても、自然風景の中を走るキハを撮りたいのだな、という事。勿論、特急もこれからも撮りますが、鉄道写真が好きな人はその好きな列車を熟知した上で迫力をどう出すか、ここのラインに列車が来た時に1番この列車の個性が出るというような、しっかり理論武装した上で撮っているという事。

 

俺はそっち側ではないな、って思いました。やっぱり風景の中にある列車を撮りたいのであって列車自体の迫力とかそういう類いの写真は、俺は違うし、圧倒的に上手い人は沢山いるなと思いました。やっぱりキハが好きなんですね、

 

 

 


f:id:spiralout:20210214222420j:image

 

 


f:id:spiralout:20210214222411j:image

 

 

 

多分、俺は風景の中にある列車を撮るとなれば、他の人よりは嗅覚は優れているかもなと思います。

 

だったら見せてみろとなるんですが、それは次回アップしたいと思います。ちょっと忙しいので次回がいつになるかわかりませんが笑。それではまた。

 

 

 

 

 

 

119.笑い声にむかって 写真

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210212213045j:image

 

 

 

外に出ると、妻と子供達が遊んでいた。富士フイルムのxpro2  です写真を撮る。何も設定を考えずに撮ったら、明るすぎた笑。陽の光で雪が眩しく、通常の設定だとこんな感じになる。

ま、これはこれでいいが。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210212213032j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210212213650j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210212213039j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210212213048j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210212213036j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210212213029j:image

 

 

 

子どもたちも妻も俺に向かって雪をかけ始めた。笑いながら写真を撮ったが雪が頭にかかると、さすがにたまらなくて笑いながら逃げた。

 

 

 

 

 

 

 

古い小屋の窓にかけていたコンパネという板をはずす。

 

雪が落ちて窓の景色をふさいでいた。そして見事な氷柱がのびていた。

 

向こうの方で妻と子供が楽しげに遊んでいる声が聞こえてくる。まだ冬の途中だ。しかし春に向けて窓をふさいでいる冬の象徴を、スコップで破壊して陽の光を倉庫に入れた。

 

 

 

寒い時ほど、陽の光の温かみがこんなに心地よいかと、感じる。

 

笑い声が聞こえる方へ歩きだした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210212213823j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

118.もう少しで

f:id:spiralout:20210210215901j:image

 

 

 

現在、確定申告書類を作成中。なかなかブログの更新もできないし、写真を撮りに行く暇もない。農業用簿記はちょっと違うみたいで、難しい。

 

 

 

税理士に頼むと10万から30万ぐらいの間で費用がかかる。頼むのも手だけど、そもそも税金の仕組みがわからずに頼むのもなんだな、と思って自分でやっているけど、いやはや面倒くさい。わかってくると自分でやった方がいいな、と思う

 


f:id:spiralout:20210210215916j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215912j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215853j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215845j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215849j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215842j:image

 

 

 

 

 

 
f:id:spiralout:20210210215920j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215908j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215905j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215925j:image

 

 

 

写真が撮りたい。育児中で子供とも遊びたいし、確定申告しているから、全然首が回らない。だがようやく目処が立ってきた。もう少しで終わりそうだ。

 

そうしたら1日写真を撮りたいと思う。子供ともスキー場に行きたい。もう少しだ。

 

 

 

だといいな笑。

 

 


f:id:spiralout:20210210215837j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210215856j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210210220039j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210220043j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210210220048j:image

 

 

シルエットがズレてるところが好きだ。わからないが惹きつけられる。

 

さて小休止を終えて数字と格闘しよう。

 

この音がとても心地よい。

 

 

 

https://open.spotify.com/track/1bGyAv65u7GWvUy9epSAQ7?si=KtxzY76RT7OQlvVTomBOSA

 

 

 

 

117. 雪国での子育て

 

 

f:id:spiralout:20210201203547j:image

 

 

 

ソーシャルディスタンス

 

 

 

 

絶賛自粛中。

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210201203703j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210201203706j:image

 

 

 

密にならないようにというか、最初からならないというか笑。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210201203710j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210201203714j:image

 

 

 

 

たまにはこんな感じで、今日もよく笑い、泣きましたとさ。

 

 

 

 

116.雪原と影と花

f:id:spiralout:20210130053344j:image

 

 

 

夜の足跡を追いかけて。月の光の下を歩いた次の日。

 

 

 

f:id:spiralout:20210130053559j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053639j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053636j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053604j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053632j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053629j:image

 

子供は足跡が自分の父親の足跡とは知らずに、なんだこの足跡は、マンダロリアンか、と少し興奮気味に歩いていく。

 

マンダロリアンとはスターウォーズから派生したドラマだ。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053614j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053626j:image

 

 

 

 

 

こう見ると結構歩いたのだな、と思う。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053556j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053607j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053549j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053622j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053611j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053552j:image

 

 

 

子供の笑い声が雪原に響いた。何故かソリは持ってこないで歩いてきた。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130053618j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210130054000j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054023j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054015j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054020j:image

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054012j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054008j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054004j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210130054135j:image

 

 

この日の撮れ高は、動画だった。ブログでもUPしたいのだけど、できないみたいで。午前中はもっぱら外で遊ばせる。

 

よほどの吹雪でない限り、外で遊びたがる。

 

 

田舎といえばスローライフというワードが踊りがちだが、正直にいえばそんな生活はない笑。毎日が格闘だ。

 

だが、時が止まるような感覚は明らかに多いだろう。雪原に響き渡る声は、決して遠くまでは響かないが、記憶の彼方にまで刻印される。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210130054139j:image

 

 

 

今日は猛吹雪に見舞わられた。雪原についた足跡は、全て消されていた。だが、どんなに消えても陽の光があたる限り、影は雪の上にのびる。

 

その事実はどれだけの価値があるかはわからない。だがその日伸びた植物の影は、雪原に響き渡る子供の声のように、伸びやかに雪の上に咲いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

115.月の光   写真

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210127053739j:image

 

 

月の光の下、雪原を歩く。マイナス10度を下回る世界を。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053724j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053750j:image

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210128225356j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053746j:image

 

影が雪原にヒビを入れてるように見えた。その写真を撮っていると、キツネの足跡を発見した。

 

 

その足跡を気づいたら追っていた。

 

 


f:id:spiralout:20210127053728j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053818j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053814j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053808j:image

 

 

月明かりに照らされて歩いてると、不意に月面上を歩いている気分になった。真空だから音はしないのだろう。この雪原も音を雪が吸収してほとんど無音に近い状態だ。

 

 

雪のない地域の人にはとてもわからない感覚だろう。音がないという感覚は。

足音と自分の息を切らす音しかない。

 

止まるとなんの音もしないのだ。とても不思議な感覚に陥る。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053731j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053754j:image 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053804j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053735j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053742j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053757j:image

 

 

 

 

寒さのために雪すら凍っていて、キラキラ輝いていた。手ですくって眺める。寒さという痛みが手に走る。

 

月面にいるとこんな気分になるのだろうか。

 

 

ぽっかりとなにも浮かばない心で、月を眺めた。

 

 

音のない世界で月はぽっかりと浮かんでいる。

 

 

 

 

凍てつく寒さが一体の景色を制し、音のない世界が空間を支配していた。

 

オリオンがいた。何もない砂の惑星の横にオリオンは勇ましくたたずんでいた。

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210127053800j:image

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210129213407j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210129213404j:image

 

 

 

 

 

114. 冬の日々   写真

 

 

f:id:spiralout:20210118215109j:image

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214935j:image

 

 

 

除雪の毎日だ。燃料代がハンパない笑。いや実際シャレにならないくらい金が飛んでいってる。この調子で3月まで降るとは考えたくないけど、大変だ。こんな機械でやっている。動画もあるのだけど、ブログでUPできなくて残念だ。音楽もつけると結構神秘的になる。

 

 


f:id:spiralout:20210118214959j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214955j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214910j:image

 

 

 

こうやって雪を吹き飛ばすと、マイナス10℃くらいだと吹き飛んでいる最中に水分が凍りだして、キラキラひかり輝く。

 

人工的に作り出されるダイヤモンドダスト現象といえばいいかな。

後ろにバックしながら行くと、飛ばした雪で周りが見えなくなる。そうするとダイヤモンドダストの中に一瞬いるような形になり、なんだか嬉しくなる。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214939j:image

 

 

除雪作業は大変だけど、太陽に向かって雪を吹き飛ばすと見ての通り、雪がカーテン状になって幻想的になったりする。

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214932j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214943j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214948j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214927j:image

 

 

 

 

 

屋根から落ちた氷柱。

 

 

 

f:id:spiralout:20210118214915j:image

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214923j:image

 

 

 

たいがいが機械でやるのでそこまで辛くはない。が、雪が溜まったらスコップでやらなければいけないところもあるので、その時は海の水をすくっては投げてる気分になる時はある。

 

冬は厳しい。だが、この冬があってこその北海道だ。身体的にも精神的にも辛くなる時はある。それでも音楽や写真を撮る時、それは俺自身の人生を動かす大きな歯車になっている。

 

北海道以外に住む場所はない。

 




f:id:spiralout:20210118214919j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:spiralout:20210118214952j:image

 

https://open.spotify.com/playlist/3g7qEBygUbHHfsn9eDqq3K?si=0nlYOZ48QT-LG8ipA3ybYg

 

 

 

 

 

 

プレイリストを作った。冬に聞いてる音楽を簡単に集めた。おそらく多くの人にとって聴き馴染みのある曲はいっさい入ってないので聞きにくいかもしれないけど笑、雪景色の表情と精神的内面の風景を照らし合わせた曲ばかりで作ってみた。ぜひ聞いてみてください。

 

 

先ほども除雪をしてきた。人間社会のみで完結しない世界で、雪をすくって投げる日々。これから深みが増す冬の日々。

 

雪のカーテンの向こうに輝く太陽は、今日も眩しく光線を放っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:spiralout:20210118215331j:image